凄い噂

WordPressのPHP用プラグイン!追加して編集するだけ!簡単読み込み!

PHP Code Widgetのインストール

WordPressでレスポンシブウェブデザインを利用している人は多いと思います。グーグルがモバイルフレンドリーを推奨していますしね。

ただ、レスポンシブウェブデザインにすると、サイドバーに設置したウィジェットに少し問題が出て来る事があるんです。

【スポンサーリンク】

 

PCから見た時とスマホから見た時で別のモノを表示したいという希望が出て来る事があるんです。

解決策としては、WordpressはPHPが使えるので、PCからのアクセス時とスマホからのアクセス時に見せるモノを分岐すれば良いという話になります。

ただ、残念ながらサイドバーの『テキスト』ウィジェットはPHPを扱う事ができません。実際に試して頂ければ分かると思いますが、正しく読み込みされません。エラー等も出たはずです。

ですから、分岐できません。

そこでどうすれば良いかと言うと、PHPが使えるウィジェットを使えば良いという事になります。

ただ、残念な事にデフォルトではそのようなウィジェットは備わっていません。

 

PHPが使えるウィジェットを追加できるプラグイン!

でも、安心して下さい。

WordPressには非常に便利なプラグインが多数リリースされており、PHPが使えるウィジェットを追加できるようにしてくれるプラグインもあります。

そのプラグインの名前は『PHP Code Widget』と言います。リンク先からこのプラグインをダウンロードしてサーバーにアップロードする方法もありますが、その方法は少し時代遅れになりつつあります。

ダッシュボードからプラグイン⇒新規追加と進み、『プラグインの検索』窓にPHP Code Widgetと打ち込んでEnterをクリックします。

すると、以下のような画像が出て来ますので『今すぐインストール』をクリックします。

PHP Code Widgetのインストール

※私は既にインストール済みなので、上記画像は『今すぐインストール』の場所が『インストール済み』となっています。

後は、プラグインの有効化をするだけです。

 

【スポンサーリンク】

PHP Code Widgetの使い方!

PHP Code Wigetの使い方は非常に簡単なので説明するまでもないとは思いますが、初めて使用する人はやはり分からないかもしれませんので説明しておきます。

ダッシュボードから外観⇒ウィジェットと進みます。すると、『利用できるウィジェット』の欄に『PHP Code』というウィジェットがあります。

PHP Code Widgetの使い方

そのウィジェットを他のウィジェットと同じ要領でサイドバーの任意の場所に追加し、お好きなようにPHPを編集して『保存』でOKです。

以上で、PHPが正しく読み込みされるようになると思います。

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
8049円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】【限定特典付き】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3564円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.85
レビュー件数:20
楽天ブックス

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ