凄い噂

WordPressのJavascriptやCSSの名前は?ハンドル名?調べ方!

CSSやJavascriptのハンドル名の調べ方

WordPressのプラグインの内、普段は使っていないプラグインのCSSやJavascriptをHTMLソースから取り除く方法を前回はご紹介致しました。

そのプラグインで使っているCSSやJavascriptの名前の事を『ハンドル名』と言うそうですが、Crayon Syntax HilighterではCSSのハンドル名は『Crayon』、Javascriptのハンドル名は『crayon_js』でした。

このハンドル名が分からない事には前回の手法は使えません。他のプラグインに前回の手法を応用するためにはそのプラグインのCSSやJavascriptのハンドル名を知る必要があるのです。

そこで、今回は、Wordpressのプラグイン等で使われているCSSやJavascriptのハンドル名の調べ方をご紹介致します。

【スポンサーリンク】

 

(※テキストにはコピープロテクトがかかっているので、コードをコピーする時はソースコード枠右上の『新しいウィンドウでコードを開く』をクリックしてコピーして下さい。)

新しいウィンドウでコードを開く

下のコードをサイトテーマのフォルダ内にあるfunctions.phpに張り付けて保存します。

これは、こちらの記事に書いてありました。⇒GradeAの先行くWordPress高速化 – 必ず結果の出る実践的HTTPリクエスト削減法

全部読むのは時間的・労力的に大変でしょうから、今回やりたい事に必要な部分だけ抜き出して引用させて頂きました。

そして、自分のWordpressサイトのどこかしらのページを表示し、右クリックして、現れたダイアログボックス中の『ページのソースを表示(V)』をクリックすると、そのページで使われているCSSやJavascriptのハンドル名等のコメント情報が付加されたソースページを見る事ができるのです。

例えば、以下のような感じです。

<!– WP_Dependencies for styles』は、そこからコメントが始まるという意味です。コメントの終わりは『–>』です。

2行目最初の『admin-bar』というのがハンドル名です。次の[open-sans dashicons]というのは『admin-bar』が依存しているハンドル名、次がパス、その後もぐじゃぐじゃ色々な事が書いてありますが、これくらいで良いと思います。

次の行は、先頭が『crayon』とありますが、これがハンドル名です。依存しているハンドルはないので[]となってますね。次がパスです。Crayon Syntax HilighterのCSSのパスである事が分かります。

Crayon Syntax Hilighterで使われているCSSのハンドル名はこうやって調べました。

同じように見て行くと、Crayon Syntax Hilighterで使われているJavascriptのハンドル名も知る事ができます。

行先頭の『crayon_js』がCrayon Syntax Hilighterで使われているJavascriptのハンドル名である事が分かりますね。

以上が、Wordpressのプラグイン等で使われているCSSやJavascriptのハンドル名を調べる方法です。

これさえ分かれば普段は使わない不必要なCSSやJavascriptをどんどん削除、というか、非表示にできますね♪

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
7700円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
4852円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.7
レビュー件数:30
楽天ブックス
10000円(送料込)
アサヒスーパードライ【泉佐野市制70周年記念缶】350ml×1ケース(24本)ビール※7月発送予定
レビュー平均:4.8
レビュー件数:15
大阪府泉佐野市

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ