Reflector2の使い方(iPhoneとWindows)と音ズレ対策!

Reflector2

Reflector2の使い方が分からないという人も多いのではないかと思います。日本製のアプリではないので、表記が全て英語で書かれているため仕方がないと思います。

なので、Reflector2の基本的な使い方や注意点等について説明してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

 

Reflector2が使えない!?

先ず、Reflector2を使うに当たって気を付けなくてはいけないのは、iPhoneとWindowsパソコンを同じWifiに接続しなくてはいけません。

私は当初、iPhoneとWindowsパソコンのネットワークが違うにも関わらず、使えないと言って途方に暮れていました。

これを間違えると、何をどう頑張っても使えませんので間違えないように気を付けましょう。

また、Windows、もしくは総合セキュリティソフトに付属のファイアウォール等が通信の邪魔をして使えないというパターンもあります。

なので、それらを一時的に切ってみて、それでも使えないかどうかを確認してみるのも原因追及の1つです。

もし、ファイアウォールが原因で使えないと分かったのであれば、ファイアウォールの設定をいじる必要が出て来ます。

大体、上記のどちらかに引っ掛かっているケースがほとんどだと思います。

また、Reflector2で録画ができない場合は、設定を少し変えてあげる事で録画できるようになる可能性があります。私の場合は、PreferencesのRecordingタブにあるRecording ModeをBest for App Storeに切り替えた事で録画できるようになりました。

Reflector2のセッティング

【Ads by 忍者AdMax】

Reflector2の使い方!

Reflector2の使い方は非常にシンプルです。本来、使い方を説明するまでもないくらい簡単なのですが、iPhoneとReflector2の接続が有線ではなく無線のWifiなのでかなり動作が不安定なんです。これがReflector2のネックになります。

とりあえず、iPhone画面をWindowsパソコンに表示する方法は、iPhoneから『AirPlay』をタップし、続けて『Broadcast Name』をタップ、最後に『ミラーリング』をオンするだけです。

【以下の画像はReflector2を起動していない状態のiPhone画面です。】

Reflector2の使い方1

 

【以下の画像はReflector2を起動した状態のiPhone画面です。AirPlayが出て来ました。タップします。】

Reflector2の使い方2

 

【以下の画像でBroadcast Nameをタップします。】

Reflector2の使い方4

 

【以下の画像でミラーリングをオンします。】

Reflector2の使い方4

しかし、動作が不安定なためにiPhone画面がWindowsパソコンに表示されない事もしばしば起こります。

その時はどうすれば良いかと言いますと、ミラーリングをオンにしたりオフにしたりを繰り返す、あるいはAirPlayのオンオフを繰り返してみるというのも1つです。

それでもダメな場合は、Reflector2のアプリ自体を一度閉じて立ち上げ直すというのも1つです。

こんな感じですから、Reflector2の調子が悪いとミラーリングするまでに結構な時間がかかってしまう場合もよくあります。

もしかしたら、AirPlayとReflector2の相性はあまり良くないのかもしれませんね。AirPlayというのは、元々、Apple製品を対象に作られた機能ですしね。

 

Reflector2の音ズレ対策!

Reflector2でiPhoneの画面を録画すると、音ズレが約10秒前後発生します。これでははっきり言って動画として使い物になりません。iPhoneとWindowsパソコンをライトニングケーブルで繋いでテザリングすると音ズレが発生しないという情報があります。

しかし、iPhoneから電話機能を取ったiPod touchではテザリングなんてできません。なので、テザリングできない人は動画編集ソフトで音ズレを修正する、あるいはもう1つ音ズレ対策があります。

それは、Windowsパソコンに出力したiPhone画面をWindowsパソコンの録画ソフトで録画する事です。

前回のブログ記事『iPhone画面をPCに出力して録画できるアプリ!』では2つの動画を掲載しました。1つはReflector2でiPhone画面を録画した動画、もう1つはReflector2でiPhone画面を出力したWindowsパソコン画面を録画した動画です。

ご覧頂ければ分かると思いますが、後者は音ズレが一切発生しておりません。

ただ、そのままではWindowsパソコン画面のデスクトップも一緒に録画されてしまって恰好悪い、iPhone画面の枠が邪魔というデメリットがあります。

そのデメリットについては、Reflector2の設定を少し変えてあげる事でWindowsパソコン画面を以下のような画面にする事が可能です。ほぼ、Reflector2で録画した時と同じような画面ですよね。

Reflector2

 

以上のようにしてReflector2の音ズレ対策ができます。しかし、Reflector2から直接録画したiPhone画面より画質が多少落ちるデメリットはあります。これは目をつむるしかありませんね。

Reflector2の具体的な設定方法ですが、Windowsパソコンに出力されたiPhone上で右クリックします。すると、iPhone画面を設定できるダイアログボックスが出て来ます。

Reflector2の音ズレ対策

 

ぐじゃぐじゃと色々な設定項目が並んでいますが、変更を加えるのは2点のみでOKです。Show Frameのチェックを外す(iPhoneの枠がなくなります。)、そしてDisplay Fullscreenのチェックを入れる(iPhone画面の周りをブラック一色にしてくれます。)の2点です。

これで見た目は完璧です。後は、oCam等のWindowsパソコン画面を録画してくれるフリーソフトで録画すればOKです。録画開始と一時停止はホットキーを設定しておくと余計なモノが映りこまなくて良いです。

以下の動画は以上の方法を使ってiPhone画面を録画したものです。画面が少し小さくなっちゃっていますね。もう少し改善が必要かも。

 

以上、長くなりましたが参考にしてみて下さい。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

この記事へのコメントが3件あります。

  1. より

    この記事を読んでパソコンとiPhoneをつなぐことができたのですがパソコン画面に出ているiPhoneの下の部分にReflector2のテロップみたいなのが出るのですが消すことってできますか?

    • より

      テロップみたいなのは、こちらの環境では出てないのでちょっと分からないです。

  2. より

    BandiCAMを使ってみてください

Reflector2
Reflector2の使い方(iPhoneとWindows)と音ズレ対策!

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
15800円(送料込)
2017年新春おせち料理★10年連続グルメ大賞受賞店!★ おせちランキング191週以上1位達成!≪特大8寸×3段重・おせち全47品・4〜5人前≫
レビュー平均:4.49
レビュー件数:18159
ショップオブザイヤー受賞
博多久松
6278円(送料込)
\ポイント最大9倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016/クリスマス]2016/12/9総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35898
越前かに問屋「ますよね」
29800円(送料込)
Dyson MEGA SALE 期間限定特別価格!6つの付属品付(コードレス掃除機 コードレスクリーナー スティック掃除機 スティッククリーナー サイクロン式)
レビュー平均:4.47
レビュー件数:337
Dyson公式アウトレット楽天市場店

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ