凄い噂

NHK受信料の支払い義務なし!裁判判決にあなたは該当する!?

NHK受信料の支払い義務なし!裁判判決にあなたは該当する!?

NHKの受信料絡みの裁判で、今年の8月26日、NHKに負けの判決が下っています。

個人的には今後のNHK受信料は租税化して行くものと思っていたので、その流れに冷や水を浴びせる形の判決となっています。

【スポンサーリンク】

 

NHKは控訴しておりまだ判決が確定した訳ではありませんが、この裁判の原告と同じ立場にある人達はNHK受信料を断る理由として現時点では大きな力になるのではないでしょうか。

ただ、現在の法体系の下では司法がNHKに敗訴を下しましたが、その法律を作っているのは立法機関、つまり国会議員の先生達なので、まだNHKの負けが確定したとは言えなさそうです。

今後、法律が変わる可能性もあるからです。

NHK受信料の支払いに関するテーマは関心も高いと思いますのでシェアしたいと思います。

NHK受信料の支払い義務なしの裁判判決が下った人とは!?

さいたま地裁によってNHK受信料の支払い義務なしとの判決が下った人はワンセグ機能付き携帯電話の所有者で、住まいには普通のテレビも設置されていないとの事です。

 

 

【スポンサーリンク】

裁判の争点は何か!?

この裁判の争点は2点あります。以下の2点です。

(1)原告が、放送法第64条1項所定の「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に該当するか?

(2)本件携帯電話が、放送法64条1項ただし書き所定の「放送の受信を目的としない受信設備」に該当するか?

 

判決に至った理由は?

判決文は非常に長くて分かり辛い文章なのですが、裁判所が原告のNHK受信契約締結の義務なしとの結論に至った理由を短くまとめると以下のようになります。

NHK側の言い分として放送法第64条1項の「設置」とは『受信設備を使用できる状態に置く事』を意味すると主張していますが、裁判所は「設置」を「携帯」を含むものであるとか、受信設備を使用できる状態に置くことと解する事はできないと突っぱねています。

ですので、本件携帯電話を携帯するにすぎない原告は「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に該当しないというべきであり、よって、争点(2)について判断するまでもなく、原告の請求は理由があるからこれを容認する事としたという事です。

 

テレビを見れる環境にある人であればNHKを見なくても強制的に料金を取れるのであれば、もはや税金と同じです。NHK料金が税金化されないよう心から祈念致します。

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
810円(送料別)
レビュー平均:4.65
レビュー件数:52
麺本舗吉粋 楽天支店
1618円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.62
レビュー件数:13526
爽快ドリンク専門店
25887円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:5.0
レビュー件数:1
楽天ブックス

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ