BASIC認証(HTTPプロトコル)設定方法と暗号化パスワード生成ツール!

新しいウィンドウでコードを開く

BASIC認証とは、Webサイト閲覧に使うHTTPプロトコルが備える最も基本的な認証方法です。

WordPress等のログイン画面にBASIC認証を設定しておくと、ログイン画面にアクセスする前にユーザーIDとパスワードの入力を求められる為、いたずらされにくくなるメリットがあります。

【スポンサーリンク】

 

しかし、BASIC認証はネットワーク上を生パスワードが流れる為、決して安全性の高い認証方法とは言えません。あくまでも簡易的な認証方法であると認識しておきましょう。

BASIC認証の方法

先ず、ユーザーIDとパスワードを作成します。ユーザーIDとパスワードは以下の.htpasswd用暗号化パスワード生成ツールで作成できます。

.htpasswd用暗号化パスワード生成ツール


※使い方
※パソコンからお使い下さい。

  1. 任意のユーザーIDを入力します。
  2. 文字セットを選択します。選択した文字セットでパスワードが生成されます。
  3. パスワードの長さを入力します。
  4. [生成] ボタンをクリックすると、『パスワード』と.htpasswdに記述して保存するための『暗号化パスワード』が表示されます。

※上記で作成したユーザーIDとパスワードはBASIC認証の際に必要となるので忘れないようにして下さい。

次に、『暗号化パスワード』を記述して保存した.htpasswdというファイルをアップロードします。TeraPad等のテキストエディターに『暗号化パスワード』を記述し、htpasswd.txtという名前で保存します。

そのhtpasswd.txtをFTPソフトでアップロードします。アップロードする場所は、ログイン画面ファイル『wp-login.php』があるディレクトリーです。アップロードしたら、ファイル名を.htpasswdに変更します。

 

次に、.htaccessに記述を加えます。先ずは、以下のコードをコピーして下さい

(※テキストにはコピープロテクトがかかっているので、ソースコード枠右上の『新しいウィンドウでコードを開く』をクリックしてコピペして下さい。)

新しいウィンドウでコードを開く

そして、『●サーバーのルートディレクトリーから.htpasswdまでのフルパスを記載●』という部分をご自分のサーバーの.htpasswdまでのフルパスに置き換えます。

【Ads by 忍者AdMax】

フルパスが分からない方は、.htpasswdのあるディレクトリに以下のコードを記述したphpファイルをアップロードし、そのファイルのURLをブラウザで開くとフルパスが表示されます。

置き換えたら、既存の.htaccessをダウンロードし、コードを書き足して保存し、再アップロードします。

※.htaccessがない場合は作成します。『htaccess.txt』としてアップロードした後にファイル名を.htaccessと変更します。無料サーバー等では作成できない場合もあります。

.htpasswd、.htaccessのパーミッションは604にして下さい。

以上でログイン画面にアクセスしようとすると、BASIC認証のダイアログボックスが表示され、ユーザーIDとパスワード入力を求められるようになります。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5400円(送料込)
お買い得セット 子供服ブランド 福袋 中身が見える#
レビュー平均:4.49
レビュー件数:194
BABYDOLL
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28065
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.43
レビュー件数:59859
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ