高萩洋次郎選手の嫁・Rina Moon(文理奈)について

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)に移籍したサッカーの高萩洋次郎選手の嫁・Rina Moonについて調べてみました。

Rina Moonは、在日韓国人3世で本名は文理奈というそうです。韓国語が堪能ですが、日本生まれの日本育ちで韓国語は独学で勉強して覚えたそうです。

在日である事は隠していません。

仕事は歌手、作詞家、和訳(韓国語詩、英語詩)などですが、Rina Moonが手掛けた韓国の歌手は有名人が多いです。SE7EN、BIG BANG、2NE1、BEAST、4Minute、パク・ヒョンビン、キム・ヒョンジュンなどに歌詞を提供しています。

【スポンサーリンク】

 

Rina Moonの作詞家としてのデビューについて

Rina Moonは本当は歌手としてデビューしたかったそうで何度もオーディションを受けたそうですが、その時は歌手デビューには至らなかったそうです。

しかし、その頃に出会った作曲家から歌詞を作るよう頼まれたそうなんです。その歌詞が浜崎あゆみやSE7ENを手掛けていたプロデューサーにも目が留まり、SE7ENの歌詞を担当する事になったそうです。

その時の年齢が18歳で大学に入って間もない頃だったというから驚きです。

また、一般的な作詞家は1曲を仕上げるのに3日から1週間くらいかかるそうなのですが、Rina Moonの場合は平均1日で仕上げると言います。超スピーディーですね。しかし、質には拘りを持っているそうです。

高萩洋次郎選手との交際について

Rina Moonとの交際は遠距離恋愛だったそうです。高萩洋次郎選手が広島、Rina Moonは東京で、毎日連絡を取り合い、その日あった事を話したりしていたそうです。

一緒にいる事が当たり前ではなかったので会えた時は本当にうれしく感じたそうです。また次に会える日までの時間は、素敵な自分を作る期間をもらったと思って過ごしたみたいです。

Rina Moonさん、何か素敵ですね!

会えるのは月に1度、少ない時は月に1度も会えなかったとか。だから、結婚していつも一緒にいられるだけで幸せなそうです。何か良い話、聞いちゃった♪自分の中で作詞家のイメージがアップしました。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.43
レビュー件数:59915
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35861
越前かに問屋「ますよね」
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28093
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ