長山洋子の結婚秘話を公開!!夫が意外!!子供は?

長山洋子と言えば、現在は演歌歌手として有名ですが、最初はアイドル歌手として活躍しておりました。アイドル歌手時代に歌った『ヴィーナス』は当時大ヒットしましたのでご存じの方も多いのではないでしょうか?

その後、女優としても一時活動しましたが、デビューから約10年後の1993年、演歌歌手として再デビューを果たしました。当時はなぜ演歌に行ったんだろうと驚いたものです。

しかし、元々、演歌歌手としてデビューする予定だったそうで、当初の予定が遅れただけに過ぎなかったようです。

演歌歌手としてヒットした『じょんから女節』では三味線を披露していますが、三味線を始めたのは10歳の頃だったそうですから、やはり長山洋子本人にとっては演歌歌手の方が望んでいた道だったのでしょう。

【スポンサーリンク】

 

長山洋子の結婚相手とは!?

長山洋子が結婚したのは、2009年4月6日、38歳の時ですから、かなり高齢での結婚でした。結婚相手はマーク・スミス氏というアメリカ人です。

演歌を歌う人の夫がアメリカ人ってちょっと意外ではありませんか?

夫のマーク・スミス氏って何者!?

マーク・スミス氏は、日本在住の米国人実業家です。1994年、ニューヨークに本社を置くIT企業の社員としてフロリダから来日し、2004年、資本金1億2000万円、東京・虎ノ門にIT関連の人材派遣会社「スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ」を設立しています。

優秀な技術者を派遣する事で業績を伸ばし、社員約500人、年商20億円だそうです。

マーク・スミス氏は凄腕社長だったのです。

長山洋子とマーク・スミス氏との出会い!

長山洋子と夫のマーク・スミス氏との出会いはTBS系列のバラエティー番組『世界バリバリバリュー』での共演でした。

同番組内の評判企画に『独身社長とお近づき』というのがあり、女性芸能人が独身社長を直撃するという内容だったのですが、マーク・スミス氏は長山洋子を指名したのです。

それを受けた長山洋子は、番組中でマーク・スミス氏と持ち歌「絆(きずな)」を仲良くデュエットしました。

実は、マーク・スミス氏は演歌が大好きで時間があれば六本木のカラオケバーで自慢のこぶしを披露していたというのです。

仕事で使う車には演歌のCDが山積みで、私生活では吉幾三と親交があったと言います。

長山洋子とマーク・スミス氏との馴れ初め!

マーク・スミス氏は同番組をきっかけに長山洋子へ熱烈なラブレターで愛を告白。同番組は2006年9月に放送されましたが、2007年3月にはマーク・スミス氏は親しい人達に結婚すると明かしていたようです。

長山洋子はマーク・スミス氏の真剣で情熱的な姿勢に心を打たれたみたいで、都内のレストランで食事をする等、結婚を前提に交際していました。

マーク・スミス氏が『子持ちししゃも』を好んで食べる等、日本食が好きだった所もポイント高かったようですよ。

そして、2009年4月6日、2年半の交際を経て結婚に到っています。長山洋子が41歳の時でした。長山洋子は『ふと気がつけば、ぼちぼち女としての幸せを考える、まさに「ど・アラフォー」に立っていました。』と綴っています。

長山洋子の子供は!?

長山洋子は結婚の翌年、2010年8月16日午後11時27分、第一子となる2750グラムの女児を出産しています。

定期健診の結果、長女が育ち過ぎていた為、陣痛促進剤を用いて予定日より前倒しで出産したそうです。

42歳での高齢出産、やはり出産に関しては不安もあったようですよ。

名前はまこちゃん。現在は4歳になっていますが、とってもかわいい娘さんです。⇒長山洋子のブログ:まこちゃんの写真

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59930
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35874
越前かに問屋「ますよね」
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28106
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ