萩原流行は認知症ではなく躁鬱病!!症状の違いを説明しよう!

萩原流行が認知症だったのではないかと凄い噂になっています。しかし、病院での萩原流行に対する診断結果は認知症ではなく、あくまでも躁鬱病です。

50~60代の躁鬱病は認知症と間違われやすいとの事なので、一体、何が違うのか、そこら辺を間違えないためにも調べてみました。

外見上の症状は違いがないように思われるかもしれませんが、実態は全く違うものなので整理しておかれると良いでしょう。

【スポンサーリンク】

 

認知症と躁鬱病の微妙な症状の違いとは!?

実は、躁鬱病にも認知症に見られるような記憶力の低下や判断力のにぶり等の症状が見られるケースがあるそうです。

そこで、その症状を見た人達には認知症ではないかという疑惑を持たれてしまいがちなのですが、躁鬱病の場合はその状態に不安を感じたり感情障害を発症したりしているのに対し、認知症は全く自覚症状がないと言います。

つまり、認知症の場合は自分がおかしくなっている事への自覚すらないという訳ですね。ですから、症状としては認知症の方が重いという事が言えると思います。

実際、躁鬱病の場合は治療法が確立されていて完全に完治可能な病気であるのに対し、認知症の方は原因や症状レベルによっては完治が難しいと言われている違いがあります。

ただし、認知症患者の症状が楽観的でゆっくり進んで行くケースが多いのに対し、躁鬱病患者は何かをきっかけに急に悲観的になったり(うつ病相)、元気になったり(躁病相)と傍から見ていて深刻さが目立つと言います。

躁鬱病は突発的に症状が現れるというのも認知症との違いと言えるでしょう。

うつ病を原因とする認知症に似た症状 – 『うつ病性仮性認知症』

実は、うつ病、特に高齢者のうつ病では、傍から見て認知症のように見える状態になるケースがよくあるそうです。

うつ病を原因とする認知症のような症状は『うつ病性仮性認知症』と言われています。

仮性認知症は認知症ではないので、計算ができないとか自分の名前が分からないとかそういう訳ではないと言います。憂鬱になっている為に思考が制止し、注意力や集中力が低下して認知症のように見えるだけだそうです。

【Ads by 忍者AdMax】

 

何か考え事をしていて上の空状態になっている時におかしな行動をしてしまう事は健康な人でも1度や2度はあるかと思いますが、そういう状態のより深刻なケースと言っても良いのではないでしょうか。

この仮性認知症の状態を放置して置くと、軽度の認知症に移行してしまう危険性があると言います。

思考制止状態を継続する事で本当に思考ができなくなり、『仮性認知症⇒認知症』に陥ってしまう訳ですね。人間の機能は、使わないと退化して行ってしまうという事なのかもしれません。

まとめると、躁鬱病(のうつ病相)と認知症は傍から見た感じでは同じように見える事があるけれども、躁鬱病患者は認知できないのではなく抑鬱状態の為に思考が制止しており、認知症のように見えるだけという事になります。

常日頃からうつ病にならないように健康的な生活を心がけたいものですね。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35880
越前かに問屋「ますよね」
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59946
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28122
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ