草間彌生の病気とは!?病院に住んでいた!症状は!?

私は草間彌生という画家の事を知らなかったのですが、日本だけでなく、世界的に評価されている画家なんですってね。

絵画の値段を聞いてびっくりしました。2008年11月12日のクリスティーズNYコンテンポラリーアートオークションに出品された「無限の網」は5億6千万円の値段が付いたとか。

そんな絵画の巨匠、草間彌生さんですが病気を患っているそうです。その病気が原因で病院に住んでおり、病院とアトリエを往復する生活を送っているというから驚きです。

草間彌生さんが患っている病気の症状とは!?

草間彌生さんは幼い頃から幻覚に悩まされていると言います。普通、幻覚と言えば幻聴である場合がほとんどだそうですが、草間彌生さんの場合は、それに加えて幻視も見えてしまうのだそうです。

恐ろしいですね。一体、何が聞こえ、何が見えているのでしょう?これは過去の話ではなく、現在進行形ですから太刀が悪いですね。

【スポンサーリンク】

 

草間彌生さんが絵を描く理由とは!?

草間彌生さんが絵を描く理由は、絵を描かないと死にたくなるからと言っています。余程症状が酷いんでしょうね。四六時中そういうモノが見えたり聞こえたりし続けている訳ですから想像を絶するものがありそうですね。

絵はそういう地獄から逃れるための手段であったと言えそうです。草間彌生さんは以下のように言っています。

「クラクラっとしても、絵を描くとスーッと良くなるの」

「幸福なのか、不幸なのか、絵があったから生きていられたのよ」

絵はまさに草間彌生さんが生きるための手段だった訳です。

水玉模様をモチーフにした作品が多い理由とは!?

草間彌生さんの作品は水玉模様をモチーフにしたモノが多いですが、その理由は幻覚から身を守るためだそうです。『耳なし芳一』という物語があります。幽霊から身を守るため、全身にお経ペイントを施すのですが、それと似たようなものでしょう。

草間彌生さんの病名は!?

草間彌生さんは自分の病名について以下のように答えています。

『私はどこの精神科でも不安神経症、強迫神経症って言われたわ。』

不安神経症は、現在では「パニック障害」とか「全般性不安障害」という病名で呼ばれるそうです。
一方、強迫神経症は、現在では「強迫性障害」と呼ばれる事が多いようです。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
29800円(送料込)
Dyson MEGA SALE 期間限定特別価格!6つの付属品付(コードレス掃除機 コードレスクリーナー スティック掃除機 スティッククリーナー サイクロン式)
レビュー平均:4.47
レビュー件数:337
Dyson公式アウトレット楽天市場店
5979円(送料込)
\ポイント最大9倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35888
越前かに問屋「ますよね」
15800円(送料込)
2017年新春おせち料理★10年連続グルメ大賞受賞店!★ おせちランキング191週以上1位達成!≪特大8寸×3段重・おせち全47品・4〜5人前≫
レビュー平均:4.49
レビュー件数:18152
ショップオブザイヤー受賞
博多久松

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ