茨城県取手市のクロスボウ事件犯人の男の名前や画像が出ない訳とは!?

2015年4月15日未明、茨城県取手市で会社員男性がクロスボウの矢のようなもので撃たれる事件が発生しました。

同日の夜には事件に関与したと見られる36歳の無職男性が逮捕されています。しかし、ニュース等ではその男性の年齢しか公開されておらず、名前は公開されておりません。画像にもモザイクがかかっている状態でした。

【スポンサーリンク】

 

逮捕されたのは36歳の成人男性です。なぜ名前や画像をちゃんと公開しないのでしょうか?ネットでは様々な憶測が立っています。

逮捕された男性は何の容疑で逮捕されたのか?

今回、逮捕された36歳の男性はクロスボウ事件の容疑で逮捕された訳ではありません。別の傷害事件容疑で逮捕されたのです。今年の3月29日午後7時半頃、自宅で知人の無職男性に全治4週間の重傷を負わせた容疑で逮捕されているのです。

そして、まだクロスボウ事件容疑で再逮捕されたというニュースはありません。従って、現時点ではクロスボウ事件の容疑で逮捕された訳ではありません。

マスコミは何を基準に実名公開と匿名を分けているのか?

詳細は公表されておりませんが、マスコミ内部には実名報道にするか匿名にするかの内規があり、その基準に従って実名報道か匿名報道かを分けていると言われています。

重大事件等、より公共性の高い事件の場合は実名報道される場合がほとんどのようですが、精神疾患を患っている容疑者の場合は匿名で報道される事も多いようです。

個人的には政治的な問題なども多少絡んで来るのではないかと思います。例えば、犯人がある政党の熱烈な支持者である場合、その政党のイメージダウンにも繋がりかねません。そういう絡みも考慮の中には入って来るのかなという気はします。

一般人にはマスコミの内規を見られませんので憶測の域は出ませんが(マスコミによっても若干の違いはあるようです。)。

【Ads by 忍者AdMax】

 

クロスボウ事件犯人の男の名前や画像は出るのか!?

36歳の無職男性は数年前から被害妄想で悩んでいると友人に訴えていた事が分かっており、意味不明な言動が多いそうです。

仮に36歳の無職男性がクロスボウ事件容疑で再逮捕されたならば、事件の重大性という観点のみから言えば実名報道される可能性が大きいと思います。

ただし、36歳の無職男性が精神疾患を患っていると判断された時は、クロスボウ事件容疑で再逮捕されたとしても匿名報道のまま終わる可能性が高いのではないかと思います。

この36歳の男性は報道では無職と言われていますが、実際は経営者である可能性も高そうです。本人はTwitterやFacebook等で本名や画像を公開していますし、YouTubeで動画までアップしています。ネットが普及している時代ですから、素性を明らかにしている人は匿名で報道されたとしてもどのみちバレてしまう可能性が高いと思われます。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59930
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35874
越前かに問屋「ますよね」
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28106
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ