桃田賢斗と田児賢一の年収ヤバい!バカラ賭博はなぜバレタ!?

バドミントン男子の日本トップ選手、桃田賢斗選手と田児賢一選手が違法な闇カジノ店に出入りをし「バカラ賭博」をやっていた事実が明らかとなりました。

産経新聞によれば、2015年3月、警視庁(組織犯罪対策4課など)に摘発を受けたそうです。

【スポンサーリンク】

 

桃田賢斗選手と田児賢一選手は摘発直前まで出入りしていたそうですが、摘発された時、店には居なかったそうです。

桃田賢斗選手と田児賢一選手のバカラ賭博はなぜバレた!?

桃田賢斗選手と田児賢一選手のバカラ賭博は産経新聞の取材からバレてしまっています。産経新聞が闇カジノ店の元経営幹部の男性や常連客などに取材をしており、桃田賢斗選手や田児賢一選手の名前が挙がっています。

その後、当然の事ながら産経新聞は2人が所属するNTT東日本へ取材し、NTT東日本が事実確認のために2人を遠征先のマレーシアから日本へ呼び戻して事情聴取となり、2人が『裏カジノに行っていた。金も賭けていた』と認めたという流れです。

 

【Ads by 忍者AdMax】

桃田賢斗選手と田児賢一選手の年収がヤバい!

闇カジノの元経営幹部の男性によると「2人とも頻繁に来ていた。田児選手は多いときは100万円単位、桃田選手は数万~数十万円単位で賭けていた。最終的に2人で計1千万円以上は負けていた。」という事です。

一般人の感覚ではあり得ないお金の使い方をしていた事が見て取れます。2人のバドミントン選手の年収はどれくらいなのか調べてみた所、やはり凄い額を稼いでいました。

桃田賢斗選手が昨年稼いだ賞金は約2750万円だそうです。賞金の他に会社のお給料もあるでしょうから、年収は3000万円以上はあるのではないかと思われます。

田児賢一選手の昨年の具体的な賞金や年収は調べられませんでしたが、生涯獲得賞金は二千万円を超えるようです。

 

 

桃田賢斗選手と田児賢一選手の処分はどうなる!?

日本バドミントン協会の倫理規定によりますと、選手の処分は永久追放の『除名』が最も重く、『登録抹消』、『競技会への出場停止』など6段階あるそうです。

リオデジャネイロ・オリンピックへの出場は絶望的と見られていますが、東京オリンピックへの出場の道は残す期限付き処分になる可能性が高いようです。

日本バドミントン協会の銭谷専務理事は以下のように語っています。

「猛省を促して、どのくらいの期間がいいのかも合わせて検討したい」

 

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59930
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35874
越前かに問屋「ますよね」
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28106
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ