太田光、ラジオで安倍批判!本等でも反日絡みで炎上の過去を暴露!

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、3月29日放送のTBSラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』で安倍晋三首相をバカ呼ばわりした事が凄い噂になっています。

米軍普天間基地の移設問題で『まず、まずは、安倍っていうバカ野郎は』といきなり切り出したというのです。この発言はラジオに出て発言をする人としてはあるまじき発言だと思います。

更に、相方の田中裕二が『総理大臣ですから』と口を挟もうとすると、太田光は『総理大臣でもバカはバカでしょ』、『私は個人的にバカだと思っていますけど』と押し切ったと言うのです。

ちゃんとした根拠を言った上で発言がおかしいと批判するのは問題ないと思われます。しかし、乗っけから人間性を否定するようなこの誹謗中傷発言は許されるものではないと思われます。

【スポンサーリンク】

 

ネットでは『太田光』を検索すると関連キーワードとして『反日』というキーワードが上位に上がって来ています。これはどういう意味なのかと思い調べてみました。

太田光の反日発言とは!?

調査を進めて行くと、過去、太田光は安倍批判以外にも多数の過激な発言が原因で度々炎上していた事が判明しました。中には本当に太田光が言ったのかと疑いたくなるような反日発言も見つかりました。

そこで真偽を確かめるために更に深く調べて行った所、単なる都市伝説ではない事がはっきりしたのです。そこには驚愕の事実が!!

2005年5月23日午前0時23分~0時53分に日本テレビ系列で放送された『爆笑問題のススメ』という番組で太田光は本当に驚くべき反日発言をしていたのです。

この番組は爆笑問題と眞鍋かをりが司会を務め、週替わりのゲストを相手に対談するトーク番組で、その日のゲストは石破茂でした。問題の太田光の反日発言は以下です。

太田光「軍事力増やすよりも外交で失敗しないようにしたほうがいいんじゃない?拉致問題以前の歴史にも目を向けて日本が滅ぶまで謝罪したら?

石破茂「いや、それはない。」

太田光:戦争っていうのは、まず外交の失敗から始まる訳じゃないですか

石破茂:うん

太田光:戦う能力以前の問題でもっと食い止めることはできないんですか?

石破茂:軍事的にどんな能力を持っているかどうかということで外交は成り立つ

太田光:うっ……問題はミサイル打たせないってことだよね。打たせないためにどうするかっていうとそれはもう本当に北朝鮮と日本が仲良くすることなんですよ。そこをもっとやるべきですよね。

石破茂:いやいや、それができれば誰も苦労しませんてw

太田光:うーーーーーーーーん。あのー国内をまとめるための反日っていうのもあるでしょうが、あそこまでの日本に対する恨みっていうのは、僕は今回の中国の反日デモなんか見てても僕らの世代ってのは正直実感わかないですよね。ここまで恨まれてるか日本ってって。だけどやっぱり生きてる人達がいて、そこまで恨まれることを日本はしたんだってことをもっと我々自身も知るべきなんじゃないですか。その、要するに「謝った」って言ったって「謝ってねーよ」って言ってる訳でしょ。向こうは…

石破茂:謝ってすまなきゃどうするんですか?

太田光:だから、謝ってる態度が…ようするにあのーーーー何て言うんすかねぇ…そのーーーー足りないってことでしょ…

石破茂:じゃあこれ以上どうするんですか?

太田光:これ以上どうするっていうか…

誰がどう見ても反日発言と言わざるを得ない発言が出て来ています。『拉致問題以前の歴史にも目を向けて日本が滅ぶまで謝罪したら?

流石にこの発言には、これが本当に日本人の言う発言なのかとびっくりしました。

それから、太田光は戦争は外交の失敗から始まると言っていますが、外交の失敗だけで始まるとは限らないのではないでしょうか。イスラム国のような問答無用で攻めて来るテロ組織もある訳ですから。

そこに外交の失敗という理由はありません。そこには『イスラム国以外は滅ぼす』という思想があるのみです。外交の失敗どうのこうの以前の問題です。

勝手に攻めて来る相手にはもう外交も何もあったものではない訳です。ですから、憲法9条改正も早くしなくてはいけないんです。攻められた時に戦力不保持、かつ、誰も守ってくれないという状況下においては日本は滅びるしかなくなってしまう訳ですから。

太田光は日本が滅ぶまで謝罪したらと言っている訳ですが、憲法9条を改正しない方がその言葉は現実味を帯びて来る訳です。

太田光の憲法9条に関する発言とは!?

太田光と中沢新一との対談本、『憲法九条を世界遺産に』という本が集英社から出ています。その78ページで太田光は以下のような発言をしています。

『憲法9条は、たった一つ日本に残された夢であり理想であり、拠り所なんですよね。どんなに非難されようと、一貫して他国と戦わない。二度と戦争を起こさないという姿勢を貫き通してきたことに、日本人の誇りはあると思うんです。他国からは、弱気、弱腰とか批判されるけど、その嘲笑される部分にこそ、誇りを感じていいと思います。』

太田光の発言を見るに、他国からはせいぜい避難されるくらいとしか考えていないようです。しかし、現実は違う訳です。それはイスラム国を見れば一目瞭然です。

近年はここまであからさまにする組織がなかっただけで、私達はそれを知らないだけで、実際はそういう過去はいくらでもあったと思いますよ。

太田光は一貫して他国と戦わないと言いますが、攻められた時に戦わなければどういう結末を迎えるのでしょうか?言うまでもありませんが、破滅です。良くて奴隷です。

国同士の戦いは戦争、個人同士の戦いは喧嘩と言いますが、太田光は通り魔に襲われても一貫してその他人と戦わないと言えるのでしょうか?滅ぶまで謝罪するのでしょうか?その状況で戦わなければ、待ち受けているのは『死』です。

自衛のための戦力は絶対に保持しておくべきだと考えます。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.43
レビュー件数:59899
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
4029円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
5979円(送料込)
\ポイント最大16倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35853
越前かに問屋「ますよね」

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ