夏の高いパソコン温度の調べ方!フリーアプリで調べる!その見方!

HWMonitorによるパソコン温度の見方

前回、パソコンのCPUファンが壊れてCPU温度が高くなり過ぎた為に、突然、勝手にパソコンが落ちる問題を解決し、その方法をシェア致しました。

当初はパソコンが故障してしまったと思いましたが、実際はパソコンが故障しないようにパソコンが自衛のために自ら落ちていた訳です。

【スポンサーリンク】

 

非常に有り難い機能だった訳ですが、できることならせめて落ちる直前でも良いので『CPUの温度が高過ぎるから落ちるよ。』と一言頂きたかったものです。

言ってもらえないと壊れたと思って廃棄してしまう可能性もありますから。

パソコンメーカーにはここら辺は是非改良して頂きたい所です。センサーで温度を感じ取ってパソコンを落としているくらいですから、落ちる前にメッセージを出すくらいは簡単でしょうからね。

さて、前置きはこれくらいにしておきまして、今回はパソコンの温度の調べ方について踏み込んでみようと思います。パソコンの温度が分かればパソコンの状況も掴みやすくなりますし、温度管理によってパソコンの寿命を長引かせる事も可能となって来ます。

ただ、最初はこの記事を書こうかどうか少し迷いました。自分のパソコンのCPUファンを取り替えてパソコンが落ちなくなったので、パソコン温度を調べたり温度管理する必要などないかなと思ったからです。

まめに掃除してれば大丈夫なのでは?と思ったんです。

しかし、念のためにパソコン温度を調べてみた所、どうやらまだヤバそうだぞと思ってしまった訳です。以下のような数字が出て来たのです。

cpu温度

104度!その時点のCPU温度が104度と表示されていたのです。これは絶対やばいはず。落ちないにしても、このまま放置してしまったらこのパソコンの寿命はそう長くは持つまい。

そう思うと放置しておけませんでした。

そして、今回、自分でやってみた温度管理も効果があったので、やはり温度の調べ方や温度管理の方法はシェアしておいた方が良いと思い、先ずはこの記事を書いているのです。

これからパソコン温度の上がる夏なので、パソコントラブルが発生しやすくなる季節でもありますからね。

 

【Ads by 忍者AdMax】

パソコン温度の調べ方!

では、パソコン温度の調べ方をご紹介致します。パソコンの温度を調べるにはフリーのアプリケーションソフトを用います。

パソコン温度を調べられるフリーアプリは複数リリースされているようですが、個人的にはシンプルなもので十分です。今、私が知りたいのはパソコン(CPU)の温度とファンの回転数等の情報です。それくらいで良いんです。多機能で他の情報が色々たくさんあっても邪魔になるだけなので。

という事で、私が選んだアプリは『HWMonitor』です。

英語のサイトですが、特に難しい事はないと思います。『DOWNLOAD』という文字の下に、『SETUP・ENGLISH』、『ZIP・ENGLISH』というリンクがありますので、お好きな方からダウンロードできます。

『SETUP・ENGLISH』はインストーラー版なので、個人的にはインストールしない『ZIP・ENGLISH』の方からダウンロードしました。

HWMonitorをダウンロードして解凍したら、64ビットのパソコンの場合は『HWMonitor_x64.exe』、32ビットパソコンの場合は『HWMonitor_x32.exe』をクリックすれば先ほどの画像のような情報にアクセスできます。

 

HWMonitorによるパソコン温度やファンの回転数等の見方!

HWMonitorは他のアプリと比較してシンプルとは言え、温度やファンの回転数以外にクロック周波数や電圧、消費電力等様々な情報が見れます。

また、温度も1つだけでなくいくつも表示されているし英語表示なので、どこの温度なのか、どうやって見れば良いのか等分かりにくいかもしれません。

という事で、温度やファンの情報について少し説明を加えておきます。

 

HWMonitorによるパソコン温度の見方

上の画像をご覧頂ければ大体お分かり頂けると思います。何点か注目して頂きたいポイントがあります。先ずCPU温度をご覧下さい。

先ほどは最高温度が108度となっていましたが、温度管理をした結果、上記のように随分とCPU温度が下がりました。しかし、まだ100度くらいまで行く時は行くんですけどね。

ファンの項目を見て頂くとファンのアイコン画像が2つあります。上側は回転数で、RPMというのは1分間の回転数の事です。

回転数から判断すると、上側が80mm×80mmのCPUファン、下側が50mm×50mmのPCケースファンです。

それから、下側のファンのアイコン画像は最大能力の内、どれくらいの力を発揮しているかをパーセンテージで表しているようです。

CPUが44%の力で行こうかとファンに命令を下している時に、上側のPWM対応CPUファンは70%の力で回っているという見方をすれば良いのだと思います。

CPUファンの能力ではCPUが最大の命令を発する前に限界に到達してしまいそうです。

ちなみに、その下の40%のファンはPWMに対応していない50mm×50mmのPCケースファンなのですが、常に40%の表示です。やはりPWMに対応していないとCPUのコントロールは効かないようです。

CPUの温度が上がって来るとこのパーセンテージも上がり、パーセンテージが上がってしばらくするとCPUの温度が下がってパーセンテージも下がる。

この繰り返しをしているようです。

次回は、CPU温度を下げた温度管理の方法についてご紹介したいと思います。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35880
越前かに問屋「ますよね」
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59946
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28122
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ