ヨルダンのアブドラ国王が自らイスラム国へ乗り込む!

ヨルダンのアブドラ国王が、木曜日(つまり今日ですね)、個人的にイスラム国へ乗り込み空襲に参加するそうです。この事はヨルダン国が水曜日に正式に認めたそうです。

理由は、イスラム国への復讐との事。

ヨルダンがずっとイスラム国に生存確認を求めていたヨルダン軍のパイロット、ムアス・カサス氏ベが、1月3日、イスラム国の手によって犠牲になっていた事が先日判明しています。これに対する復讐との事です。

【スポンサーリンク】

 

アブドラ国王ってどんな人?

アブドラ国王は相当アクティブなお方だそうで、国王という身分にも関わらずタクシー運転手や新聞記者、またある時は老人などの一般人に変装し、街で国民の生の声を聞いて回っているそうです。

その甲斐もあってか国はあまり豊かではないにも関わらず国民からの信頼は厚いそうです。

そのようなアクティブな活動は自国民に対して向けられるだけではなく、小泉元首相がヨルダンを訪れた時にはアブドラ国王が自分で車を運転して送迎したそうです。どうやら人に親切にするのが好きなお方のようですね。

国王がイスラム国へ空襲に向かって足手まといにならないのか?

どうやら、アブドラ国王は、元ヨルダン軍特殊部隊の司令官でヘリパイロットをやっていたそうです。戦車も運転でき、また、政府専用機も自分で操縦しちゃうと言いますから驚きです。

何でも自分でやらなくては気がすまないお方のようです。 また、毎年各国の特殊部隊を集めてオフ会もしているそうですから、情報収集にも余念がないと見られます。

足手まといどころか軍事のプロ中のプロと言っても良さそうです。 イギリスのサンドハースト王立陸軍士官学校を卒業した本当のエリート軍人で、国王になると決まるまでは軍人として一生を終えるつもりだったとか。

ただ、心配なのは、万が一、国王がイスラム国に捕らえられてしまったらどうするんだろうという懸念です。イスラム国は、当然の事ながら莫大な身代金をヨルダン政府に要求して来る事でしょう。

そのような事にならないよう細心の注意を払って行動して頂きたいものです。

アブドラ国王の顔写真

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

この記事へのコメントが1件あります。

  1. より

    王様が先陣を切って戦う。
    戦国大名みたいでかっけーなw
    同時に、敵側につかまるリスクもあるけど。


ヨルダンのアブドラ国王が自らイスラム国へ乗り込む!

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35880
越前かに問屋「ますよね」
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59946
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28122
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ