ムーンボーとは?ハワイに行かなくても日本で見れる!?

ムーンボー3

あなたはムーンボーという言葉を聞いた事があるでしょうか?英語では『moonbow』と書きます。勘の鋭い人はこれだけで気付いてしまう人も居るかもしれませんね。

『moon』は月、『bow』は、弓という意味を持ちます。日本語で直訳すると、『月の弓』という意味になります。何か随分とオシャレなネーミングですね。実にロマンチックです。

そして、日本では『月虹』と呼ばれます。はい、ここで分かりましたね。上の画像がムーンボーです。

日本では月虹と聞いてもそんな言葉聞いた事も見た事もないという人の方が多いかもしれませんね。ちなみに、私は最初、『月光』の間違いじゃないかと思ってしまいました。

なぜ、月虹やムーンボーという言葉があまり知られていないのでしょうか?それは、ムーンボーが比較的よく見られると言われる本場ハワイのマウイ島ですら滅多に見られないとても珍しいモノだからです。

地元住民の間では『幻の虹』と言われており、ムーンボーを見たら「幸せが訪れる」とか「先祖の霊が橋を渡り祝福を与えに訪れる」と言われているそうです。

ムーンボー1

ちなみに、虹と月虹(ムーンボー)の違いはお分かりでしょうか?

両方とも同じ虹には違いないのですが、普通の虹が太陽の光で起こるのに対して、月虹(ムーンボー)は月の光によって起こる現象なのです。これが違いです。

月の光で現れるという事は、ムーンボーは昼間には見られないという事です。

普通の虹は横文字ではレインボーと言い、英語ではrainbowと書きますね。『rain』は雨という意味ですから、直訳するとrainbowは『雨の弓』という意味になります。

【スポンサーリンク】

 

虹が雨の降った直後によく現れる事を考えると、素敵なネーミングだと思います。ムーンボーも雨の後に見れる事が多いそうです。

レインボーもムーンボーも両方とも虹ができる原理は同じで、光源が太陽の光か月の光かという違いですからね。

しかし、その月の光も本(もと)を正せば自ら発光している訳ではなく太陽光を反射したものですから、結局は太陽の光なんですよね。

ムーンボーが見れる絶好のチャンスは、月の光が一番強くなる満月の時で、小雨が降っており、かつ、空が暗い時だそうです。

やはり、かなり条件が厳しいですね。月の光は太陽の光みたいな強さはないので、激しく雨が降ってしまったり空が明るいと虹が出来にくいのかもしれませんね。

ムーンボー2

ムーンボーが日本で見られる!?

このムーンボー、ハワイのマウイ島以外に、アルゼンチン・ブラジル間にまたがる世界最大のイグアスの滝、北米のヨセミテ滝でも満月時に見られるそうです。

しかし、実は、日本でもちらほら目撃されているそうです。例えば、2006年10月7日、2013年10月16日にぐんま天文台で、2012年1月7日に石垣島天文台でムーンボーが観測されたという事です。

もしかしたら私達も気付かない内に月虹を見た事があるかもしれませんね。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5400円(送料込)
お買い得セット 子供服ブランド 福袋 中身が見える#
レビュー平均:4.49
レビュー件数:194
BABYDOLL
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28065
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.43
レビュー件数:59859
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ