スマホ・ガラケー間等で電話番号やメールアドレス交換をする簡単な方法!

『凄い噂』のQRコード

あなたが使っているモバイル端末の電話番号やメールアドレス等を知人に教えたり、逆に知人が使っているモバイル端末の電話番号やメールアドレス等を教えてもらったりする時、どうしてますか?

何気に戸惑いませんか?

というのも、現在、ガラケー市場が終焉を迎えつつあるとは言えまだガラケーを使っている人もいますし、スマホを使っている人もいます。また、一言でスマホと言ってもiPhoneを使っている人もいるし、Androidを使っている人もいます。 【スポンサーリンク】

 

つまり、全員が同じ環境下にある訳ではなく、様々な環境下におかれている実情があります。

ですから、iPhone同士であれば『AirDrop』という機能を使って電話番号やメールアドレスの交換が簡単にできると言われても、Androidやガラケーの人には使えません。

Android同士であればAndroid Beam(アンドロイド ビーム)という機能を使って電話番号やメールアドレスの交換が簡単にできると言われてもiPhoneやガラケーの人には使えません。

ガラケー同士であれば赤外線通信を使って電話番号やメールアドレスの交換が簡単にできると言われても、iPhoneに赤外線通信機能は付いていませんしAndroidには赤外線通信機能が付いている機種も少なくないそうですがどうやって使うのか操作方法が分からないままの人も多そうです。

以上のように、上記に上げた手段はあまり汎用性がありません。誰でも使える、直感的にすぐ使える、そういうものでなくてはあまり意味がありません。

とういう事で、ガラケー、iPhone、Androidといった違いを乗り越え、誰でも使える連絡先交換方法があれば便利ですよね。実はあるんですよ。

 

【Ads by 忍者AdMax】

QRコードがあるじゃないか!

その答えは、QRコードです。ガラケーにはデフォルトでQRコードの読み取り装置が付いていますし(付いてない機種はあるのかな?あったとしても付いてない機種を探す方が大変でしょう。)、日本人はガラケーからスマホに移行して来ていますので多くの人がQRコードに慣れ親しんでいます。

iPhoneにはQRコードの読み取り機能が付いておらず、AndroidにもデフォルトではQRコードの読み取り機能が付いていないスマホもありますが、QRコードの読み取りアプリをインストールしている人は多いように思います。ガラケーで今まで使って来たものですしね。ちなみにQRコードは日本発の仕組みだそうです。

という事で、QRコードは汎用性が高いんです。

ですから、あなたもQRコードを読み取るのは直感的にできると思います。相手も同じです。QRコードの読み取り自体は非常に簡単ですね。

しかし、解決しなければならない問題はあります。それは、自分の電話番号やメールアドレスをQRコード化する事です。ご自分の電話番号やメールアドレスを交換用にあらかじめQRコードにして持ち歩いている人はそう多くはないでしょう。

ですから、相手はあなたに電話番号やメールアドレスをQRコードで示す事はできないかもしれません。しかし、QRコードをあらかじめ準備しておいたあなたは相手に電話番号やメールアドレスをほぼ確実に受け取ってもらえるはずです。

非常にスマートではありませんか。お互いの方式が違くても、自分は相手には手間を取らせない。しびれますね。恰好いーですね。

ただし、意図的に相手に合わせた方が良い場合もあるかもしれませんので、そこは相手次第という事で。

では、QRコードの作成方法をご紹介致します。

 

QRコードの作成方法!

一番手っ取り早い方法は、ご自分が使っているQRコードの読み取りアプリにQRコード作成機能が付いていればその機能を使う事です。

iPhoneであれば、『Qrafter』をおすすめします。QRコードの読み取りはもちろん、QRコードの作成も可能です。しかも直感的操作で作れます。

一応画像で説明しておきます。サンプルでは、名前や電話番号、メールアドレス等のデータをまとめてQRコードにしてみます。

Qrafterを開いたら、以下の画像の赤枠で囲ってある『作成』をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換1

 

『連絡先』をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換2

 

自分の連絡先をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換3

 

プレビューをタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換4

 

『作成』をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換5

以上で以下のようにQRコードが作成されます。次に、保存の方法をシェアします。以下の赤枠の箇所をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換6

 

以下のような画面が出て来ますので、お好きな場所に保存します。今回はカメラロールに保存してみたいと思います。

iPhoneで番号やメールアドレス交換7

 

カメラロールに保存しようとすると拒否られるので、拒否られないようにする方法が以下です。『設定』をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換8

 

『プライバシー』をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換9

 

『写真』をタップします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換10

 

Qrafterのスイッチを『オン』にします。

iPhoneで番号やメールアドレス交換11

以上でQrafterのQRコードをカメラロールに保存できるようになりました。

 

Androidの場合は、『バーコードスキャナのプロ』をおすすめします。こちらもQRコードの読み取りはもちろん、QRコードの作成も可能です。

ただ、個人的にはQrafterの方が分かりやすくて好きです。残念ながらAndroid用にはQrafterは用意されていませんでした。

『連絡先』を使ってQRコードを作成できる仕様になっていますが、どういう訳か自分の連絡先が選択肢に表示されなかったので、新たに自分の連絡先を作りました。

その結果、無事それが選択肢に表示されましたので、QRコードを作成できました。

以下、画像で説明します。先程と同じように自分の連絡先のQRコードを作成してみたいと思います。

アプリを開いたら、先ず『+』ボタンをタップ、その後現れるウインドウの『バーコードを生成します』をタップします。

Androidで番号やメールアドレス交換1

 

『連絡先を共有』をタップします。

Androidで番号やメールアドレス交換2

 

QRコードを作成したい『自分の連絡先』をタップします。

Androidで番号やメールアドレス交換3

 

QRコードが作成されました。QRコードの保存は、iPhoneと同じく色々な方法がありますが、何だかんだ言って『スクリーンショット』を撮影するのが一番早いと思います。

Androidで番号やメールアドレス交換4

QRコードの読み取りができるアプリはたくさんあります。QRコードに書き込まれた情報が『電話番号だけ』、あるいは『メールアドレスだけ』といった1つだけのデータなら良いのですが、名前や電話番号、メールアドレス、URL等たくさんのデータがQRコードに書き込まれている場合、『連絡先』にまとめて追加してくれた方が便利ですよね、タップ一発で。

ところが粗悪なQRコードアプリは、一応、連絡先に追加できる仕様にはなっていても、いざ連絡先に追加しようとすると『問題が発生したため、連絡先を終了します。』と表示されて連絡先に追加できなかったりします。

そんなQRコードリーダーはさっさとアンインストールして、エラーの出ないしっかりした作りの『QRコード読み取り兼QRコード作成アプリ』をインストールするようにしましょう。

もし相手が粗悪なQRコードリーダーを使っていて、あなたの名前や電話番号、メールアドレスといったたくさんのデータが書き込まれたQRコードを連絡先に保存できないと言うのでしたら、電話番号のみ、あるいはメールアドレスのみのデータが書き込まれたQRコードを見せてあげれば良いでしょう。

ですから、QRコードは複数用意しておくと様々なケースに対応できると思います。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35880
越前かに問屋「ますよね」
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59946
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28122
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ