スマホとPCで表示される広告を分ける方法を2つ

分岐

Woredpressをやっていて本当に良かったと思う瞬間は、自分のやりたい事を結構自由にできてしまう事ですよね。

プログラマでなくても、ネットで検索すればたくさんの人がやり方を教えてくれているし、プラグインとしてツール化して提供してくれている人もたくさんいますので、本当に有り難い事です。

【スポンサーリンク】

 

WordPressのテンプレートは、スマホやPC等、端末によって最適なデザインでウェブページを表示するレスポンシブウェブデザインを利用している人も常識となりつつあります。

そういう環境下で、多くの人が『これができたら良いのになあ。』と思う事の1つに、スマホとPCで部分的に表示内容を変えたいという願望があるのではないかと思います。

そこで、『スマホ用広告タグ』と『PC用広告タグ』を分け、スマホではスマホ用広告、PCではPC用広告が表示されるようにする方法をご紹介致します。

表示される広告がスマホとPCで分岐する広告タグ&コードをテンプレートに埋め込む方法

記事毎に分岐用広告タグを埋め込む方法もありますが、この方法はテンプレートに広告タグを埋め込む方法です。ですから、一度設定してしまえば、それ以降は何も考える必要はありません。

やり方は非常に簡単です。

(※テキストにはコピープロテクトがかかっているので、以下コードをコピーする時はソースコード枠右上の『新しいウィンドウでコードを開く』をクリックしてコピーして下さい。)

新しいウィンドウでコードを開く

先ず、自分が使っているテンプレートのfunctions.phpに以下を書き加えます。

functions.phpは少しでも間違えて書いてしまうとWordpressが真っ白になってパニックになるので慎重に上書きして下さい。

もし、真っ白になったら修正方法はあります。FTPソフトで自分が使っているテーマ(テンプレート)のfunctions.phpをダウンロードし、修正してアップロードすればOKです。具体的な方法はこちら⇒wordpress functions.phpをいじっていて真っ白になった場合の直し方

 

次に、広告を埋め込みたい、自分が使っているテンプレートの個別ファイル(single.php等)の任意の場所に以下のように書き込む。

以上で、PCからサイトを閲覧した時にはPC用広告、スマホからサイトを閲覧した時にはスマホ用広告が表示されるようになります。

【Ads by 忍者AdMax】

表示される広告がスマホとPCで分岐する広告タグを記事毎に埋め込む方法

先ず、自分が使っているテンプレートのfunctions.phpに以下を書き加えます。

後は、記事を投稿する際に広告を表示したい部分に

と入力するだけです。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35880
越前かに問屋「ますよね」
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59946
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28122
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ