サキ報道官(アメリカ国務省)が継承を示唆した捏造談話とは!?

アメリカのサキ報道官が、5日の定例会見で、以下のように述べました。

「これまでに村山富市元首相と河野洋平元官房長官が(談話で)示した謝罪が、近隣諸国との関係を改善するための重要な区切りだったというのが我々の見解だ

アメリカのサキ報道官は、村山談話と河野談話をプラスに評価しているのが分かります。しかし、私はこの一文に深く疑問を感じます。

日本は、欧米によって植民地にされていた同朋のアジアの近隣諸国を解放するため、そして、植民地の触手が伸びようとしていた日本自身を守るために戦ったのであり、先の戦争で日本と近隣諸国との関係が悪化したという見解自体にとても違和感を感じるのです。

ネットで調べてもらえば分かると思いますが、日本は一部の国を除いてアジアの多くの国々から感謝されています。

【スポンサーリンク】

 

どのように感謝されているのか?日本のお陰で植民地から抜け出すのが早まったと感謝されているのです。

感謝されているのですから、サキ報道官の発言は少しお門違いという事になります。

気になる河野談話の内容は、旧日本軍が慰安婦を「強制連行」し、韓国の多数の女性の名誉と尊厳を深く傷付けたというものです。

河野談話については、最近、多くのマスコミによって事実ではなく捏造であったという事も既に証明されています。河野談話は日本政府が韓国政府の要求を受け入れる等、すり合わせによって制作された談合であった事が明らかにされているのです。

それにも関わらず、サキ報道官が未だにこのような発言をしている事を大変遺憾に思います。サキ報道官はこの報道を知らなかったのでしょうか?私は、事実に基づかない談話を引き合いに出した事に関してサキ報道官は即刻訂正を入れるべきだと思います。

河野談話の全文は外務省のページに記載されています。⇒河野談話全文

村山談話についても河野談話ほど凄い噂にはなっていませんが、大変な間違いを含んでいます。以下は、村山談話の一部です。

わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。

村山談話の全文も外務省のページに記載されています。⇒村山談話全文

先ず、植民地支配をしていたのは欧米列強国であった事を忘れてはなりません。これを棚に上げてはならないのです。そういう状況の中、植民地支配の反対を訴え、自国が植民地にされる危機にも陥った日本がなぜ植民地支配と侵略をした当事者みたいになっているのでしょうか?

アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたのは日本ではなく、他ならぬ欧米列強国であったのです。それが時系列の先にある事実です。

その状況を何とか改善しなくてはいけないと頑張ったのが日本です。そこを間違えてはいけないと思います。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5979円(送料込)
\ポイント最大7倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35880
越前かに問屋「ますよね」
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.44
レビュー件数:59946
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28122
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ