アニメ『冴えない彼女の育て方』0話と1話を見た感想

私は最初に『冴えない彼女の育て方』の1話から見ました。時系列で言うと、0話は1話より時間的に半年後という設定になっています。

最初に0話を見ていたら1話は見なかったかもしれません。その理由は、0話はかなりお下劣な内容になっちゃってるんです。

例えば、霞ヶ丘詩羽(かすみがおかうたは)という女性は1話では非常にクールな感じで描かれています。入学時から学年1位の座を譲らぬ才女で、その正体は人気ライトノベル「恋するメトロノーム」の著者、霞詩子(かすみうたこ)という何だかよく分からないけどもの凄いものを感じさせ、気高さも感じさせるものがありました。

ところが、0話では他のキャラクターは仕方がないにしてもこの霞ヶ丘詩羽までもがまさかのお下劣キャラを演じてしまっているのです。はっきり言って幻滅な気分になりました。もし、順番通り0話から見ていたら逆に好感を持てたのかどうか、今となっては分かりませんが、恐らく0話から見てたら1話を見る事はなかったと思います。

様々な方面でプロの才能を持っている女子高生達が優秀ではないゲームのプロデューサー兼ディレクターの草食系オタク男子高校生、安芸倫也(あきともや)に恋愛感情を抱いているという設定は今の時代を象徴しているかのようです。

しかも、安芸倫也(あきともや)は二次元の女の子に興味があって三次元の女の子には興味がないという痛い設定。ボケ役で女の子達から突っ込まれる所はギャグになっていてそこは少し笑えました。ギャグに到るまでの説明がいちいち長いんですけどね。

また、アニメの登場人物が作品内のキャラクターである事を自覚して話すセリフは私には斬新でした。こういうのをメタネタというそうですね。登場人物のセリフは皆早口で長いので、しっかりコンテンツ内容を把握しようと意識を集中して見なければ内容をしっかりとつかむのは難しいような気がします。

つまり、短い時間に内容を詰め込み過ぎと感じたのです。

でも、1話はほんわかしていて青春オーラがバリバリ出ていたので悪くはないと思います。それだけに0話とのギャップがあり過ぎて残念。1話で同人ゲームのメインヒロインのモデルとして加藤恵(かとうめぐみ)が登場しますが、あの登場の仕方はめぞん一刻を思わせる演出で個人的にはなかなか好きです。

お下劣と萌えは違うなあと思いました。何で同じ作品なのに0話と1話のカラーがここまで違って来るかなーというくらいギャップがありました。今後萌えを全面に出して来るなら見たいと思いますが、お下劣色を強く打ち出して来るようなら見ないでしょう。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
5400円(送料込)
お買い得セット 子供服ブランド 福袋 中身が見える#
レビュー平均:4.49
レビュー件数:194
BABYDOLL
1512円(送料込)
≪天然植物成分90%以上で優しいボタニカルシャンプー&トリートメント≫
レビュー平均:4.31
レビュー件数:28065
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.43
レビュー件数:59859
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ