さとう珠緒が裁判で勝訴!前所属事務所は何を訴えていたの?

さとう珠緒の前所属事務所『プチスマイル』がさとう珠緒に対して起こしていた裁判はさとう珠緒が勝訴したそうです。

一体、どんな内容の裁判で争っていたのか見て行きたいと思います。争点は2点あります。

さとう珠緒の母親の借金

さとう珠緒の母親が生前の2004年、プチスマイルの社長から1000万円の借金をしたそうです。前事務所社長はその借金の大半を返してもらっていないと怒っているのが1つ。

【スポンサーリンク】

 

さとう珠緒のドタキャンでプチスマイルに違約金発生

2つ目は、某美容外科クリニックの美容整形モデルとしてさとう珠緒が施術を受け、その施術前後をTBSの番組で紹介するという企画があったそうですが、さとう珠緒にドタキャンされ、前所属事務所に1800円の違約金が発生したというものです。

これだけ聞くとさとう珠緒が悪いように見えますが、詳細を聞くと裁判の結果通りさとう珠緒の方が正しいと思いました。

さとう珠緒の母親の借金については年2回のボーナスから100万円ずつ差し引くという事で話が付いていたそうです。であれば、もう全部払い終わっていてもおかしくないですよね。

また、2008年頃からは事務所の資金繰りが悪くなり、ボーナスがもらえなくなり、2009年の10月の月給は160万円から83万円に減額されたそうです。

この話からすると、どうやら事務所はお金に困っていたみたいです。

さとう珠緒のドタキャンは視聴者を思っての事

また、美容整形モデルのドタキャンについては、さとう珠緒が衝撃的な事を言っています。

「二の腕の脂肪吸引施術を受けたが、二の腕がパンパンに腫れ、動くのも大変だった」

「1週間は体調が悪く、傷痕も1か月はなくならなかった。これを視聴者に勧めるわけにはいかなかった」

こういう経緯があり、視聴者にウソは付けないとの思いからドタキャンしたというのです。

さとう珠緒が仕事を放棄したのは事実ではありますが、悪いものを良いものとして勧める事はできないというさとう珠緒の判断は正しかったと思います。

むしろ、二の腕がパンパンになって体調が悪くなったのですから、私なら損害賠償してもらいたいくらいの気持ちになったでしょう。そもそも自分の体を犠牲にする仕事なんて良くないと思います。

お腹周りの脂肪吸引では、たまに失敗して死亡事故も発生していますので、脂肪吸引は万人に勧められるものではないと思います。

さとう珠緒が勝訴したという事は、法的にもさとう珠緒の言い分が通ったという事ではないでしょうか。

また、さとう珠緒は1年間の給料未払いもあったと訴えていたそうです。これが本当なら、金銭的にも違約金分の金額は既に完済している事でしょう。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
555円(送料込)
2016日本雑穀アワード最高金賞!日本のスーパーフード雑穀\大麦&もち麦も配合/
レビュー平均:4.43
レビュー件数:59899
ショップオブザイヤー受賞
自然の都【タマチャンショップ】
4029円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
5979円(送料込)
\ポイント最大16倍!/当店人気No.1【化粧箱包装】[かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/かに鍋/鍋/福袋/ますよね/御歳暮/ABSB2016]2015/12/30総合1位!
レビュー平均:4.4
レビュー件数:35853
越前かに問屋「ますよね」

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ