凄い噂

石川啄木の日記内容がヤバい!妻激怒!?

日記

日本の明治時代の代表的な歌人であり詩人でもある石川啄木がとんでもない日記を書いていたと凄い噂になっています。

その問題の日記は、石川啄木が妻子を函館に残して上京後の約2か月間に渡って記されており、ローマ字で書かれています。

石川啄木が日記をわざわざローマ字で書いた理由は、妻に読まれると困るから。

石川啄木は、ローマ字で次のように語っています。

“naze kono Nikki wo Ro-maji de kaku koto ni sitaka ? Naze da ? Yo wa Sai wo aisiteru: aisiteru kara koso kono Nikki wo yomase taku nai no da,”

『なぜこの日記をローマ字で書くことにしたか?なぜだ?予(私)は妻を愛してる:愛してるからこそこの日記を読ませたくないのだ。』

【スポンサーリンク】

 

さて、妻に読まれては困る内容とは一体どんな内容なんでしょうか?

とても気になりますよね?

石川啄木のローマ字日記には以下のように書かれています。日本語で記していますが本当はローマ字で書かれています。

坂本行きの乗換切符を切らせて吉原へ行った。金田一君には二度目か三度目だが、予は生まれて初めてこの不夜城に足を入れた。

吉原へ行ったら美人でなきゃいけませんよ。

あえてオブラートに包まれた表現の箇所を抜き出しましたが、こういう事が赤裸々に書かれているのです。

そうです、石川啄木は浮気をしていたという事になります。

石川啄木は亡くなる前、日記を燃やすよう妻の節子に言ったそうですが、節子は「愛着から燃やす事ができませんでした」と金田一京助に日記を託しています。

何て不憫な奥さんでしょう。浮気日記を愛着から燃やせなかったと言っているのですよ。

ちなみに、妻の節子は才女と呼ばれており、女学校では英語の初歩を学んでいた為、石川啄木の死後読まれて解読されたとの噂もあります。

石川啄木も罪な男ですねー。

本当に妻を愛していたならそんな日記を書いたらいけないと思いますよ。

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
6478円(送料込)
総合1位!ポイント大幅UP!複数買いクーポンでドンドンお得!売上No.1の「かに伝説」【化粧箱包装】[ポーション/かにしゃぶ/カニしゃぶ/むき身/鍋/ますよね]【2017/11/21総合1位】
レビュー平均:4.4
レビュー件数:37244
ショップオブザイヤー受賞
越前かに問屋「ますよね」
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.84
レビュー件数:348
楽天ブックス
14904円(送料込)
スタイリッシュなデザインでカラーも選べる!温度&湿度表示モニター付き!加湿器機能がついてこの価格
レビュー平均:4.43
レビュー件数:1752
トーカ堂TVショッピング楽天市場店

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ