真壁刀義の鼻は佐々木健介から受けたシゴキで利かない!?

プロレスラーの真壁刀義は元プロレスラーの佐々木健介から受けたシゴキが原因で鼻の器官を損傷し、臭いが嗅げないという噂が立っています。

これはあくまでも噂であり、この件に関しての真相は闇の中ではありますが、真壁刀義が佐々木健介から相当なシゴキを受けていたのは事実のようです。

週刊ファイトの元編集記者が以下のように述べています。

真壁(刀義)くんにしても、新弟子時代の(佐々木)健介のいびりはすごかった。ヒザをケガしてスクワットできる状態じゃないのにやらせて。できないからって食らわして。もう、辞めさそうとしてるとしか思えない。

【スポンサーリンク】

 

また、ラジオ番組で、真壁刀義は練習生時代にあるレスラーから理不尽なシゴキを受けていたと告白した事もあるそうです。世間ではそのレスラーは佐々木健介と噂されておりますが、指導の域を超えた理不尽な暴力をよく振るわれていたとの事です。

佐々木健介のシゴキが原因で練習生が死亡したという噂も流れています。

1995年1月、新日本の練習生(当時22)がスパーリング中に脳挫傷で事故死しているのですが、それについて日本でも活躍した米プロレスのスーパースター、クリス・ベノワ(故人)が自伝の中であれは事故ではなく事件だったと断言しているというのです。

そして、伝聞としながらも

「危険なスープレックスを何度も繰り返し、危険な角度で頭から落としていた。悲惨な状況だったらしい」「罰せられることもなく、超のつくほどの有名人になっている」

と佐々木健介を告発しているというのです。

ただ、当時の合同練習に参加した選手の話として、みんなでスパーリングをしている時に頭を打ったのであって、佐々木健介はコーチとしてその場に居たが、何度も投げたりはしていないと、週刊文春には書かれていたみたいです。

また、警察の取り調べでも練習中の事故と結論付けられたようです。体を痛め付けるのが仕事のプロレスですから、どちらにせよ事件と立証するのは難しいと思います。

佐々木健介の暴行は、プロレスラーの西川潤も訴えています。

西川潤が佐々木健介から階段の踊り場へ連れて行かれ、人がいないのを確認してから思いっきり殴り掛かられたとブログに書いたそうなんです。現在、そのブログは削除されてしまっていますが、佐々木健介側がアメブロにクレームを入れて削除されてしまったと言われています。

全く身に覚えのない暴行に困惑した西川潤に対する佐々木健介の暴行は常軌を逸し「犯罪」の域にまで達していたと、西川潤はブログで訴えていたようです。

以上のように複数の人間が佐々木健介のシゴキに対して言及している事実がありますが、真相は闇の中です。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
1512円(送料別)
セレブ志向、サロン発想。泡なしで髪を洗う極上時短ケア。き
レビュー平均:5.0
レビュー件数:2
アットコスメショッピング
9655円(送料込)
送料無料 加圧シャツ 加圧 シャツ シックスパック 筋肉 マッスル ウルトラシックス 代引無料
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
LIFE BEAUTY
6436円(送料込)
送料無料 加圧シャツ 加圧 シャツ シックスパック 筋肉 マッスル ウルトラシックス
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
LIFE BEAUTY

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

Affiliate B

外壁塗装の窓口

このブログのQRコード

このページの先頭へ

Jeumy