凄い噂

桃田賢斗、恐喝未遂事件!五輪直前にハレンチ写真&違法賭博暴露の謎!

ジューミー3

今週発売予定の週刊新潮では、現在、渦中の真っ只中にいるバドミントン・桃田賢斗選手のハレンチ写真の謎が露呈するようです。

デイリー新潮は、桃田賢斗選手とスナックのママがキスをしているハレンチ写真を掲載しており、今週の週刊新潮の売り上げを伸ばすための布石を打っています。⇒バドミントン「桃田賢斗」 裏カジノ騒動の引き金となった「年上スナックママ」とのキス写真 | デイリー新潮

【スポンサーリンク】

 

デイリー新潮が言うには、今回の違法賭博事件が露見したきっかけには、上記のハレンチ写真の存在があるとしています。

マレーシア遠征の直前、桃田賢斗選手にその筋の人から電話があり、上記写真の買い取りを匂わせる内容だったと言います。要するに恐喝をしようとしていた訳です。

写真週刊誌『FLASH』(4月26日号)では、以下のように報道されていました。

「桃田が女のコと破廉恥なことをしている写真と、闇カジノに出入りしている証拠写真を、筋の悪い人物が入手した。その写真で恐喝しようとしたわけだが、その計画は警察に察知され公になった」

デイリー新潮には、『桃田が関係者に相談したことで、一連の問題が発覚した』とありますが、相談する相手と言ったら普通に考えれば警察ではないでしょうか。

実際、FLASHには『その計画は警察に察知され公になった』とあります。

桃田賢斗選手を脅迫して金銭を手に入れようとしていた暴力団関係者からすれば、ハレンチ写真&違法賭博の証拠写真をネタに桃田賢斗選手からお金を引っ張り続けるという計画が失敗に終わった訳です。

金づるとして桃田賢斗選手を利用する事ができなくなってしまった後、暴力団がする事と言えば何が考えられるでしょうか?

彼らの目的はお金でしょうから、桃田賢斗選手や田児賢一選手のハレンチ写真や違法賭博の証拠写真を週刊誌等に売り付け、少しでもお金にしようとする事が考えられます。

実際、デイリー新潮は桃田賢斗選手のハレンチ写真をネットにアップしていますね。買ったかどうかは不明ですけどね。

違法カジノ店の元経営幹部や常連客らが、産経新聞の取材で桃田賢斗選手や田児賢一選手の名前を挙げたのもマレーシア遠征中です。

この暴露のタイミングは偶然ではなく、緻密に仕組まれたものであると考えた方が自然です。

暴力団に弱みを見せたらケツノ毛までむしり取られるという良いサンプルでしょう。怖いですね。Σ(ll||д゚ノ)ノ怖ぇぇぇぇ!

 

【スポンサーリンク】

なぜ、オリンピック直前にハレンチ写真で恐喝しようとしたのか!?

違法カジノが警察に摘発されて閉店したのは2015年3月と言われていますが、気になるのは、暴力団がなぜ今頃になって桃田賢斗選手にハレンチ写真で恐喝しようとしたのかという事です。

これは勝手な推測ですが、今年、リオデジャネイロオリンピックが開催されるからではないかという気がします。桃田賢斗選手はオリンピック出場が確実視されていました。

暴力団は金になりそうなモノには非常に鼻が利くので、金づるになると踏んだのだと思います。

先月の25日には桃田賢斗選手が巨人の開幕戦で始球式を務めています。要するに桃田賢斗選手は暴力団に泳がされていたという事ができると思います。

彼らはこの時を待っていたんでしょう。

桃田賢斗選手がオリンピックに命を懸けていたのでオリンピック出場が確実になった所で揺すれば金を出すに違いないと踏んでいたのでしょう。だからこそ、このタイミングになったというのが濃厚と思えてなりません。

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
4066円(送料込)
母の日商品200種類以上のお花中から、お母様・義母様に心のこもった逸品をプレゼント!到着日指定可 BOX ボックス 2段 てまり プリザ フラワー バスケット スイーツセット
レビュー平均:4.3
レビュー件数:244
ショップオブザイヤー受賞
BunBun!Bee
1980円(送料込)
母の日 早割 カーネーション プレミアムシリーズ 連日ランキング・イン!
レビュー平均:4.29
レビュー件数:5012
あなたの街のお花屋さんイングの森
3780円(送料込)
2015グルメ大賞 楽天ランキング総合1位 母の日ギフト2017 送料無料 山形県産 さくらんぼ 佐藤錦 フルーツギフト カーネーション メッセージカード付き プレゼント
レビュー平均:4.08
レビュー件数:259
竹城青果

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ