凄い噂

日本でのエボラ出血熱の対策は?

ジューミー3

今年の2月上旬にギニアで確認されたエボラ出血熱の流行の勢いは、ますます拡大している模様です。

NHKが8月1日に報道した内容によりますと、西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3か国で、エボラ出血熱の感染による死者が729人に達したとの事。これは過去最悪の規模で広がり続けているという事です。

これを受けて、WHO(世界保健機関)は、1億ドルを拠出して対策を強化することになったとの事。

エボラ出血熱は、まだ、ワクチンや治療法が確立されておらず、

【スポンサーリンク】

 

治療と言っても対症療法で回復を待つしかありません。だから、非常に恐ろしい病気なのです。

ただ、外務省医務官を務めた事もある関西福祉大学の勝田吉彰教授はエボラ出血熱に対して、感染後の致死率が高く、また感染後亡くなるまでが短期間で、患者の行動範囲が狭いため、「鳥インフルエンザ(広範囲に拡大する)のような感染の仕方はしません」と説明しており、まして、海を越えて日本に「上陸」する恐れは高くないとコメントしています。

しかし、エボラ出血熱に感染した人が飛行機に乗って日本に来る可能性もなきにしもあらず。

という事で、日本でエボラ出血熱の感染者が発見された場合、どう対策を打つのかという協議を事前にして置く事は必要と考えます。

先にも述べたように、エボラ出血熱のワクチンや治療法はまだ確立されていませんので、現時点においてできる対策と言えば限られて来ます。

一番重要なのはエボラ出血熱感染者の早期発見です。感染拡大を防ぐためには、先ず何よりもこれが一番重要になって来ます。

そして、エボラ出血熱の感染者と接触した人の状況確認をしつつ、感染者や場合によってはその感染地域を隔離する事も検討する必要が出て来るでしょう。

また、エボラ出血熱に感染していない人ができるエボラ出血熱への対策としては、予防しかありません。ですから、防護服やマスク、手袋の着用といった事が考えられます。

以上、現状においてでき得るエボラ出血熱への日本対策を述べてみました。

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
1998円(送料別)
【楽天総合1位】マヌカハニー 楽天最安値に挑戦!【あす楽 年中無休】 [まとめ買い割引:楽天クーポン] [無添加 ニュージーランド はちみつ 直販 直輸入]
レビュー平均:4.41
レビュー件数:176
マヌカハニーのコンビタ-安心のUMF
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.79
レビュー件数:48
楽天ブックス
4536円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ