小島奈津子アナ絡みのヤバい放送事故とは!?性格を巡って炎上!

元フジテレビアナウンサーの小島奈津子は、かつて『めざましテレビ』の2代目メインキャスターとして活躍していました。

しかし、その放送事故は起きてしまいました。

1998年9月2日、同番組内の『それ行け!キクマ』のコーナーで、当時レポーターを務めていた菊間千乃アナウンサーが転落事故を起こしてしまったのです。

生放送番組である為、その模様は全国に流れてしまいました。

【スポンサーリンク】

 

菊間千乃アナウンサーは何をしていてどこから落ちてしまったのか!?

菊間千乃は足立区谷在家の某ビル5階(地上13メートル)から『セーフリー・ダウン』という避難器具を使って下に降りる体験レポートをしている最中でした。

同商品は、日本の『ケネデイー・インターナショナル』という会社がアメリカから輸入した防災用の新商品で、乗用車1台の吊り下げに耐えられるNASA開発の新素材テープ(0.5センチ x 2.5センチ X 30メートル)を円盤状の容器内に巻き込んだものだったそうです。

これが滑車の役目をし、降下のスピードを調整しながら降りる事ができるはずでした。

しかし、菊間千乃アナウンサーが窓枠に手をかけてぶら下がった状態から手を離した瞬間に一気に落下。下には厚さ30センチのウレタンマットが敷かれていて命に別状はありませんでしたが、全治3カ月の重傷を負ってしまいました。

怪我は腰椎(ようつい)圧迫骨折だったそうです。

菊間千乃アナウンサーが落下したのは何が原因だったのか!?

菊間千乃アナウンサーが落下したのはテープが切れたのが原因ではなく、ビル5階室内のロングソファーに固定していたテープ先端のフックが外れたのが原因だそうです。

フックの固定が完全ではなかったようです。いくらテープが丈夫でもこれでは意味がありませんね。

【Ads by 忍者AdMax】

 

小島奈津子アナウンサーの性格を巡ってネットが炎上!

菊間千乃アナウンサーがウレタンマットに落下した瞬間、大塚範一アナウンサーは『はずれちゃったなー』と心配そうにコメントし、小島奈津子アナウンサーは『あっはっは(笑)そーなんだー。外れちゃった。。。』とリアクションを取りました。

恐らく、ウレタンマットの上に落ちたために問題ないとして場を和ませようという意図だったんだと思いますが、結果としては間違ったリアクションとなってしまいました。骨折ですからね。

その映像を見ていれば小島奈津子アナウンサーは、ただ状況把握が出来ていなかっただけと分かりますが、活字のみで経緯を知った人が小島奈津子アナウンサーの性格を巡り炎上させてしまったようです。

小島奈津子アナウンサーの性格は人懐っこくて、とても良い人ですよ。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
1980円(送料込)
一流パテシエが本気で作った ふんわり柔らかで濃厚なスフレチーズケーキです。
レビュー平均:4.69
レビュー件数:36
patisserieyuinohana
1160円(送料込)
柑橘の王様でこぽん・デコポン・みかん・送料無料・愛媛みかん
レビュー平均:3.83
レビュー件数:6869
みさき果樹園
1000円(送料込)
2016楽天上半期スイーツランキング受賞の割れチョコをお試しで!
レビュー平均:4.2
レビュー件数:1119
蒲屋忠兵衛商店

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

このブログのQRコード

このページの先頭へ