ミヤネ屋で心霊現象?真相と正体は野々村議員の生霊!?

ミヤネ屋で心霊現象が起こったとしてネットで大きな騒ぎになりました。現在は騒動も沈静化しておりますが、その真相に迫りたいと思います。

心霊現象として大きな騒ぎとなったのは7月8日放送のミヤネ屋。兵庫県議会の野々村竜太郎県議について議論している最中にそれは起こりました。突如、パネルの下から青白い子供のような顔が現れ、上目使いのカメラ目線でこちらをじっと見つめているのです。

ネットでは「なにあれ!?マジで怖い」 、「ヤバイものが映ってる!」、「野々村議員の怨霊だ」という声も挙がり大きな騒ぎとなっていました。

その件について、7月14日放送のミヤネ屋で、司会の宮根誠司は

【スポンサーリンク】

 

「今ネットで、ミヤネ屋で幽霊が出たって言ってて」と突如切り出し、「パネルの後ろに幽霊っていうかね、ここに人が隠れてるんです、こうやって」と言ってパネルの裏側のスタッフを晒しました。

隠れている理由は、パネルをめくった時にパネルを貼り付けているテープが落ちるのでそれを回収するために隠れているのだとか。

読売テレビの総合広報部にも問い合わせが何件も来ていたと言い、幽霊の正体は「パネルの後ろにスタッフがいて、それが何回か映ってしまいました。ご迷惑をおかけしました。心霊現象ではありません」と謝罪。

どうやら、テレビに映り込んでしまったのは、ADスタッフだった模様です。しかし、なぜ、カメラ目線だったのでしょうか?「ADスタッフがカメラ目線をするはずがない!」と、これまた疑問が湧きますが、「メインのカメラの近くに指示を出すフロアディレクターがいて、その指示を確認しようと、ひょっこり顔を出して凝視していました」との事。

しかし、ある番組関係者からは「男性ADは20代前半だが、そこまで童顔ではなく、映り込んだ顔とはちょっとイメージが違う。照明や角度の影響もあるだろうが、顔もあんなに白くない。彼が犯人と聞いて、驚いたスタッフは多い」と奇妙な証言も挙がっているとか。

オカルト問題に詳しい山口敏太郎氏は「妖怪や幽霊が異界から出てくる出入り口を“境界”と呼ぶが、現代人にとってテレビそのものが“境界”であり、妖怪や幽霊はテレビという出入り口から出てくるという潜在的な意識がある」と指摘しています。

テレビというフィルターを通し、男性ADが別の“何か”に見えた可能性があると言います。

山口敏太郎氏が言うように、あの青白い顔はテレビという“境界”からADスタッフを通して出て来た妖怪や幽霊だったのでしょうか!?

また、もし妖怪や幽霊だったとしたなら、一体何者だったと言うのでしょうか?

ネットで噂になっていたように野々村議員の生霊が恨めしい念いで出て来ていたのでしょうか?

真相は誰にも分からない。

By

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×

【Ads by 忍者AdMax】


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
1512円(送料別)
セレブ志向、サロン発想。泡なしで髪を洗う極上時短ケア。き
レビュー平均:5.0
レビュー件数:2
アットコスメショッピング
9655円(送料込)
送料無料 加圧シャツ 加圧 シャツ シックスパック 筋肉 マッスル ウルトラシックス 代引無料
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
LIFE BEAUTY
6436円(送料込)
送料無料 加圧シャツ 加圧 シャツ シックスパック 筋肉 マッスル ウルトラシックス
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
LIFE BEAUTY

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ads by Criteo(or AdStir)

Affiliate B

外壁塗装の窓口

このブログのQRコード

このページの先頭へ

Jeumy