凄い噂

カブトムシゆかりの彼氏!いや結婚相手!?哀川翔との共通点!

ジューミー3

カブトムシゆかりというタレントさんをご存じでしょうか?

私は最初、お下品な下ネタ系お笑い芸人がグラビアアイドルもやってるのかなくらいの認識だったんですが、実は、ジャンルは芸人さんではないようなんです。

【スポンサーリンク】

 

元々、虫が大好きで、虫の勉強をしている『虫ドル』なんだそうです。特にカブトムシが大好きで過去には300匹ものカブトムシを飼っていた事があるとか。

カブトムシゆかりに対するインタビュー記事等を読みますと、カブトムシ等の虫に関する知識が豊富で、どうやら目指す方向性は純粋なタレントではないみたいです。

『さかなクン』というタレントの魚類学者がいますが、その虫バージョンのポジションを狙っているのではないかという感じがします。

カブトムシゆかりの以下のコメントを見てそう思いました。

虫のかわいらしさ、素晴らしさは伝えていかないと伝わらない環境だなと思っていて…。そのために、私はカブトムシ教室を開いています。

「カブトムシが死んだら終わり」じゃなくて、命がつながっていることを伝えたいんです。

私が「やりたい」と言ったら、(多くの人が)賛同してくれるような影響力や知名度が本当に大切だなと思っています。だから、仕事をもっともっと頑張らなければ。虫のためにも私の顔を知ってもらえたら、うれしいです。

カブトムシゆかりの名前の由来は!?

ここまで読んでくださったあなたなら、カブトムシゆかりの名前の由来はもう大体お気付きになっていると思います。そう、カブトムシゆかりは本当にカブトムシを愛しているんです。

いや、私達一般人の想像以上にカブトムシの事を愛しているのかもしれません。と言うのも、カブトムシゆかりは自分の芸名の由来に付いて以下のようにコメントしています。

『女性って、結婚すると姓が変わるじゃないですか。私の場合、カブトムシ家に嫁いだ気持ちで、カブトムシは名字なんです。』

カブトムシゆかりにとって、カブトムシは結婚した旦那様であり、彼氏以上の存在という事です。

カブトムシゆかりで検索すると、病気という関連キーワードも出て来ますが、恐らくここら辺の事情を知ったユーザー達が何かしらの病気ではないかと思って検索しまくった結果ではないかと推測します。

とにかく、カブトムシゆかりのカブトムシに対する思い入れが半端ではないというのはお分かり頂けたのではないかと思います。

芸能界に入ったのも、カブトムシゆかりのブログを見た芸能事務所の人に『虫のアイドルをやってみないか』とスカウトされたのが始まりだそうです。

カブトムシゆかりの場合、タレントをやっていて『実は虫が好き』というのではなく、虫に関する仕事をするために芸能界に入ったという事です。

ですから、カブトムシゆかりのアピールポイントは『虫』であり、オーディション等も競合は居ないんだとか。

番組の企画に合っていれば採用されるそうで、芸能界のニッチな市場に入り込んだと言えるでしょう。

【スポンサーリンク】

 

カブトムシゆかりと哀川翔の共通点は!?

実は、俳優の哀川翔とカブトムシゆかりはカブトムシ繋がりなんです。意外ですよね。あの哀川翔がカブトムシ好きだったとは。

カブトムシ飼育歴は14年、これまでに約2万4200匹、今年は約5300匹も羽化させたそうです。実は、哀川翔、カブトムシで事業を起こしていました。

『哀川翔 カブトムシ産卵セット』、『哀川翔 カブトムシ飼育セット』、『哀川翔 オリジナルカブト虫ゼリー』、『哀川翔が育てたカブトムシ成虫カップル』なんてものを販売しています。

以下、動画です。

いやー、哀川翔のカブトムシ飼育セットと産卵セット欲しいです!

ちなみに、哀川翔が飼育したカブトムシが、今年、世界最大88.0ミリを記録したそうで、ギネス申請してるみたいですよ。哀川翔はカブトムシで世界一の男になってたんですね。

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
30000円(送料込)
【米どころ山形のブランド米】
レビュー平均:4.62
レビュー件数:657
ショップオブザイヤー受賞
山形県寒河江市
10000円(送料込)
【ふるさと納税 真空冷凍でおいしさ長期保存、食べたいときに食べられる味蕾豚(みらいとん)の満喫セットです!】
レビュー平均:4.45
レビュー件数:339
宮崎県川南町
20000円(送料込)
レビュー平均:4.72
レビュー件数:801
ショップオブザイヤー受賞
宮崎県都農町

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ