凄い噂

うるう秒はいつ?何時?時報はどうなるの?

時計

うるう秒というものが存在するのをご存じでしょうか?もしかしたら知らない人も多いかもしれませんね。

今年はうるう秒が追加される年なので一応覚えておいた方が良いかもしれません。大半の人にとってはほとんど影響ないと思いますが。

うるう秒の原理についての説明は後でしますが、とりあえず覚えておきたいのは、日本では、今年(2015年)の7月1日の午前8自59分59秒の次は9時ではなく、8時59分60秒という事です。

その次に9時になります。つまり、7月1日は1日が24時間1秒って事です。

【スポンサーリンク】

 

標準電波を受信する電波時計を持っている人はうるう秒の設定は何もする必要がありません。アストロンなどGPS衛星電波を受信する電波時計の場合は、電波を受信できる所にいれば勝手に同期してくれるのでやはり何も操作する必要はありませんが、設定に時間がかかります。

手動で時計を合わせている人は117に電話して時報で合わせるという人も多いと思いますが、前回の実績では光電話の場合だと8時59分60秒にポーン、9時にポーンと時報音が2回鳴りました。加入電話の場合は、58秒から60秒まで3回ピッという予報音が鳴ったそうです。

さて、どうしてうるう秒などというものが必要になってしまったのでしょうか?それは、正確な原子時計が創られた事に起因します。

それまでは地球の自転を基準に時間が決められていたのですが、地球の自転の速度は一定ではなくだんだん遅くなって行っているそうなんです。地球が誕生した時には1日が5時間だったそうですよ。

更に、地球の自転の速度はふらつきもあるそうなんです。速くなったり遅くなったりするという事ですね。

ですから、原子時計は正確なんですけど、地球の自転を基準にした時間とずれて行くという事なんです。原子時計ではお昼なのに、太陽はまだ日の出を迎えていないというような事にもなりかねない訳です。

そこで、原子時計の時間と地球の自転を基準にした時間が0.9秒以上離れないようにうるう秒を追加する運びになった訳です。

1972年のうるう秒は10秒!

原子時計の時間は、1958年1月1日0時0分0秒を原点としてスタートしているのですが、初めてうるう秒の調整が行われた1972年の1月1日は1秒の追加ではなく10秒追加されました。

これは、1958年から1972年までの間に一度もうるう秒の調整が行われていなかったために、原子時計の時間と地球の自転を基準にした時間との差が10秒近くまで達してしまっていたからです。

ちなみに今年のうるう秒の追加で、今までのトータル追加は36秒になります。もし、うるう秒が導入されていなかったら、あなたの時計は今より36秒進んでいた事になります。

 

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:5.0
レビュー件数:1
楽天ブックス
1598円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.63
レビュー件数:15868
爽快ドリンク専門店
4000円(送料込)
松屋関東店舗限定発売の「プレミアム牛めし」と同じプレミアムダレを使用。旨みアミノ酸を多く含むといわれる米国産牛肉・国産玉ねぎを自社国内工場で製造
レビュー平均:4.29
レビュー件数:146
松屋フーズ

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ