凄い噂

うるう年とは?子供に意味を訊かれた時に答える簡単な説明方法!

うるう年

うるう年とは何かと子供に問われた時、すぐに答えられるでしょうか?なかなか難しいかもしれませんね。

特に小さな子供に対しては、以下のようなウィキペディアの説明を見せた所でなかなか理解できない事でしょう。

閏年(うるうどし、じゅんねん、leap year)とは、閏がある年のことである。閏年でない年を平年(common year)と呼ぶ。
通常、閏年は平年より暦日または暦月が1つ多い。その余分な日・月を閏日・閏月、総称して閏と呼ぶ。閏は、暦と太陽または月の運行(太陽の運行は季節の移り変わりを、月の運行は月相を決める)とのずれを補正するために挿入される。閏の挿入規則を置閏法と呼ぶ。「閏」の字が常用漢字表に含まれていないため、うるう年とも書く。

【スポンサーリンク】

 

子供の年齢や認識力に応じて説明の仕方を変えてあげる必要があると思います。

小さな子供にうるう年とは何かと尋ねられた時の簡単な説明の仕方!

小さな子供が『うるう年』とは何かと尋ねて来たら、以下のように答えてあげるとスムーズに理解してもらえるでしょう。

1年が366日ある年の事だよ。大体4年に1回くらいあるんだよ。

もし、子供が

なぜいつもの年より1日多いの?

と尋ねて来たら、以下のように答えてあげると良いでしょう。

1年は365日と決められているんだけど、本当は365日ぴったりではなくて、365.25日くらいなんだよ。
本当の1年は365日よりも0.25日くらい長いから、4年経つと1日足さなくてはいけなくなるんだよ。

こんな感じで子供に説明してあげると理解してくれると思います。

 

【スポンサーリンク】

うるう年のうるうの意味とは?

ちなみに、うるう年の『うるう(閏)』の漢字には『不正規、余り、余分な』等の意味があるそうです。

ですから、うるう年は『不正規な年』とか、『余分な日がある年』等と考えれば、覚えやすそうです。

また、なぜ門の中に王と書いて『閏』なのか、その漢字の由来が非常に興味深いのでご紹介しましょう。

昔、中国の王は宗廟(そうびょう)にて仕事をしていたそうですが、うるう年のうるう日には王が門の中に閉じこもり、政務を休んで静養していたそうなんです。

うるう日の王の状態を漢字にしたものが閏だったのです。漢字の成り立ちって面白いですね。

そして、王が門の中に居る日(閏日)は暦からはみ出た日という事で、閏という漢字に『いつもの事からはみ出す⇒不正規』という意味が持たれるようになったようです。

ところで、うるう年の『うるう』は『閏』と書きますが、昔、日本人が潤う(うるおう)の漢字と混同して読み間違えたか書き間違えたかしたものがなまって『うるう』となったそうです。『潤う』は『うるう』とも読みます。

※いいねと感じたら『いいね』や『ツイート』、また『評価』や『コメント』等も頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

※掲載基準 批評:○ 根拠のない誹謗中傷:×


【楽天市場デイリー総合ランキングトップ商品】
1599円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.62
レビュー件数:14166
爽快ドリンク専門店
8049円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】【早期購入特典付き】
レビュー平均:4.79
レビュー件数:62
楽天ブックス
1944円(送料別)
レビュー平均:4.81
レビュー件数:107
ショップオブザイヤー受賞
scope version.R

サブコンテンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログのQRコード

このページの先頭へ